スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インフルエンザ
数日前、体がだるいなーと思って体温を測ったら38℃ほどあったので、家事は適当にして寝ていました。
どんどん熱が上がって、その日の夜には39.6℃まであがり、翌日も下がりませんでした。

授乳中だし、多分薬は処方されないだろうから病院は行かない事にしよう・・・と2日寝込んで一旦熱が下がりまた微熱が出てからきょうやっと平熱に。

高熱→一旦平熱→微熱→平熱に戻るというように熱が上下を描くのがインフルエンザの特徴らしいです。

私が一旦平熱になった日に、2歳7ヶ月の長女が高熱を出したので次に日に病院に連れて行きました。

インフルエンザ検査をして、案の定陽性。
タミフルを処方されて現在服用中ですが、生後2ヶ月の次女にうつらないように祈るばかりです。

それと、授乳中でもタミフルは処方してくれるらしいですね。
勝手に『授乳中は薬が飲めない』と判断して病院に行きませんでしたが、長女に移る前に行けば良かったなといまさら後悔しています。

ところで、子供用のタミフルというのは、甘くしてあるとはいえちょっと苦いらしいです。
飲ませるのに苦労してはいけない、と思って薬局で薬と一緒に飲むゼリー(チョコ味)を購入。

長女もチョコ味というのに食いつき、薬と混ぜて食べさせてみると・・・うえーっていきなり吐き出して『すっぱいー、すっぱいー』と泣いてしまってそれ以上薬入りのゼリーを食べてくれません。
無理やりにでも・・・と口に入れたら抵抗されて長女の周りがチョコゼリーだらけになって洗濯が大変になりました。

イラっとしたので『もうそのまま飲んでよ!!』と粉薬を口にサラサラと入れて飲ませてみたら、何の抵抗にもあわず素直に飲んでくれました。

最初からそうすればよかった・・・

残ったゼリー+薬を試食してみると、確かにこれはまずい。
大人でも飲みたくないレベルになってました。

それ以降も『薬のもう』って誘うと、自分で口を開けて待っててくれて、本当に楽です。

今まではジュースに溶かしたり、水に溶いたりして飲ませても『まずいよう』といって飲んでくれなかったりして困ってたんですが、まさかのダイレクトOKに母はびっくり。

今までの苦労は何だったんでしょう。

マカロン

写真は、インフルエンザになる前に、何度か作って成功したマカロン。
あ、いや、成功したのはココアのマカロンのほうだけ。
ガナッシュも美味しくできたし。

イチゴのほうは、またもや空洞が出来てしまったのでした。
それにバタークリームを作りすぎて、不細工になるくらい入れてしまったので見た目も良くないですけどね。

失敗例はびっくりするほどの失敗だったので、写真撮ってません。
全部がひび割れて硬くてべたーっとしてしまったり、ピエと呼ばれるピロピロしたところが全く出なかったり。
多分、原因は計量ミスなんだと思われますが。

やっぱりマカロンは難しいなぁ。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

BB・Bread

Author:BB・Bread
(びーびー・ぶれっど)
以前は伊豆の国市寺家の自宅でパン教室を開き、現在は伊豆市牧之郷に引っ越して、パン教室を開講しています。

子連れOK!子育て主婦の方も気軽に通えます。
手こねのパン教室ですので、自宅で手軽に作れますよ。


料理教室にて7年間インストラクター(非常勤講師)を経験。
同料理教室にてパン師範コース修了。
2009年から自宅にてパン教室を開講。
産休・引越を経て、現在 伊豆市牧之郷でパン教室開講中。
三島・清水町から車で約30分くらいの場所です。

ご予約・お問い合わせ
必ずご自分のメールアドレスを明記してくださいね。
送信前にもう一度アドレスをご確認ください!

名前:
メール:
件名:
本文:

今月の予約可能日
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。